-

カードを使用していると必ず契約しているカード会社から明細書の案内があります。

それら利用明細書を見るよう習慣づけていればどこの店でいつ頃どんな物にカードをいくら消費したのか詳細が書かれているため、これまでそのクレジットカードを使った購入履歴を照会するのにきわめて容易で安心です。

代用はなんとも不便かもしれませんが簡単なカード利用の成績表みたいなものにまとめることも楽しいし、節約にも使えます。

いま言ったカード利用明細書の案内があってから通常は2週間程度で利用代金の引き落としがされるわけです。

つまりはこれらのクレカ利用明細を注意していて、覚えのない決済、一例として申し込んでもいないサービスが書かれていたら指定の電話番号に電話をかけて聞けば済むんです。

本当にカード不正使用に類するあなた以外の人の利用が発見された場合であっても、利用者に何か理由(落ち度)がない限りは大抵の事例ではカード会社が項目を削除してくれます。

今ではこういったクレカの利用明細書をホームページで一覧できるクレジットカードが増えてきています。

日頃からある月にどんな商品を利用したかモニタしておく方法で不正使用を未然に防ぐことをはじめとして、収支記録の代わりとなりお金の管理といったこともこれだけでできます(パソコン画面で使用履歴を見ることができるカード会社は昔の使用履歴や利用可能残高といったことも参照可能です)。

クレカはカード利用以外の点でもとりわけ力になる武器なのです。

Category

リンク