-

実際にパソコンの前に座って、上下しているマーケットを目を向けていると直ちに注文をしなければならない衝動が生まれる方も少なくないだろう。仕事 辞めたい アフィリエイト

だがしかし、なんとなく思いつきでエントリーすることだけは、避ける必要があります。

ご覧の通り、為替相場は昼夜を問わず休みなくどこかの国の外国為替市場が関いているし、レートもいつでも、動いています。

とは言っても、考え無しに売買を積み重ねるとその回数だけ損をするリスクが高くなります。

言うまでもなく、注文の数を積み重ねる事で少しずつ勝利する確率が50%、50%になっていきます。

でもこの事は「明確でないアイデアでエントリー」してしまうこととは話が異なります。

取引回数を重ねるという意味は自分が「ここは!」と考える自信を得られたところでの注文回数を増やすという意味です。

ただ何となく、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとは大きく違う。

市場の戦いに勝つためには、あなたが考えてメリハリをつけることが不可欠です。

「ここがチャンス」と思い至った外国為替相場の時には所持ポジションを買い増して徹底的に利益を追求する。

「かなり難解な相場で、どう上下するのか予想できないな」と思ったならば潔く諦めて保持ポジションをひとつも残さないで諦めて何もせず静観します。

このぐらいのけじめがあったほうが、結果的に取引はうまくいくものだ。

マーケットの名言には「休むも相場」という言葉があります。

実に言葉どおりです。

為替取引とは、何も常に売買ポジションを保持する事が大事ではなくどの売買ポジションも持たずにじっと待っている事も場合によっては、取引です。

では、どの場面で、休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、前に述べたように、現在の為替相場が具体的に良く見えない時です。

現状から上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、自身で思い描いたストーリーとは逆方向に市場が推移してしまい、損失を被ることになる。

そのため、そういった場合はポジションを無くしてそのまま何もぜずに様子をみるのが良い方法です。

もうひとつは、あなた自身のコンディションが変なときです。

健康状態とマーケットに関係しないと思う方もいると思いますがかなり関係あります。

コンディションがすぐれなければ、マーケットの大少な場面で、必要な判断を下すことができなくなります。

気分が進まない時は、マーケットから遠ざかる事も必要な事です。

Category

リンク